祝い事

日本酒が体内に齎す影響

お酒と聞くと、体に、特に肝臓に悪いと思いがちです。
しかし、昔から「お酒は百薬の長」と言われるように、飲み方を間違えさえしなければ体に良いというデータが実際に出ています。
ある大学病院の教授はこうおっしゃっています。

全くお酒を飲まない人に比べて、適量に飲酒する人の方が死亡率が低い、したがって適度な飲酒は死亡率を下げるのだそうです。
これは、アルコールが善玉・悪玉コレステロールを調整する働きがある事から来ており、動脈硬化などを予防する効果も期待出来ます。
体質等によって個人差がありますが、1日1合程度の適度な日本酒摂取は体に良い影響を与えます。

この他にも、日本酒に含まれるアミノ酸は集中力がアップしたり、疲労回復の効果があります。
人間の体に不可欠なアミノ酸は体内から調子を整え、免疫力を高めるチカラも持っています。

また、化粧品売場やドラッグストアに行くと、日本酒を利用した化粧水や美容液を目にします。
日本酒の産地では肌美人が多いと言われているように、美肌効果があり、冷え性やストレス解消に一役買う事から、日本酒は女性にもお勧めです。
自分の体調管理をしっかりして、上手に日本酒を取り入れて楽しく美味しくお酒を嗜みましょう。
もちろん飲み過ぎは禁物です。