祝い事

祝い事に日本酒

日本酒にはたくさんの縁起の良い名前が使われています。
寿・喜・福・神・誉など、お祝い事には欠かせない漢字が使われている銘柄がたくさんあります。
日頃はビールや発泡酒、ワインやウイスキーが好きで日本酒はあまり飲まないという方も、お正月や成人式、結婚式、各地のお祭りなどのお目出度い場ではやはり日本酒が出て来ます。

鏡開きの儀式からも、日本酒がお祝い事での必需品だという事がわかります。
元々、御神酒という文字からもわかるように神様に捧げるお酒で、それをみんなで飲みかわし特別の場を日本酒で祝っていました。
また、新築祝いにしても船の進水式にしても、日本酒はお祝い事との場に登場します。

棟上げの時には神様に感謝をして、その家や家族を災いから守ってくれるようにお願いする意味で日本酒を神様に捧げ、進水式の時には、その船の完成を神様に感謝し、その後の航海の無事を見守っていただく意味で、日本酒が使われます。
そういった古くからの仕来りや慣習に最適で、日本人のお祝い事には欠かせないのが「日本酒」なのです。
お酒が苦手な人も、お祝い事の際には飲めませんと断らず、軽くでも口をつける事をおすすめします。
お酒を飲む、飲まないは個人の自由ですが、お祝い事に水を差すような事にならないよう、飲むふりくらいは大人の嗜みとして身につけておきましょう。